変態管理人がマンガ・アニメ・動画・音声を中心にヌケる作品を紹介しています!

サキガケ⇒ジェネレーション!

サキガケ⇒ジェネレーション!

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載。


Warning: Undefined variable $SERVER in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/functions.php on line 295

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/functions.php on line 295

サキガケ⇒ジェネレーション!ってどんな作品?

■ストーリー現代日本、初土湖(うぶつちこ)という湖のほとりにある美那浜町(みなはまちょう)が舞台となる。

ゲーム好きの主人公・海棠秀穂(かいどうしゅうほ)は、自らが通う『初土学園(うぶつちがくえん)』に『エンターテインメント研究会』と称する同好会を作り、同じくゲーム好きの妹・海棠璃々子(かいどうりりこ)と親友・綿貫敦盛(わたぬきあつもり)の三人で放課後になるたびに集まってゲームを楽しんでいた。 そんな日々の中に現れた転入生・雪之宮杏音(ゆきのみやあのん)は『エンターテインメント研究会』の面々に「まだ誰もプレイしたことのないゲームをプレイしてみたくはありませんか?」と告げる。「是非プレイしたい」と沸きあがる三人に対し、璃々子の親友・紅藤友梨亜(べにふじゆりあ)は不信感をあらわにする。璃々子にすら明かしてはいないが友梨亜は現実(リアル)の“魔法使い”であり、杏音から魔法の気配を感じとっていたのだ。だが、そんな説明するわけにもいかない理由では三人のゲームやりたい欲求を押しとどめることはできず、結局友梨亜も含めた五人で、杏音が持ち込んだまだ試作段階だというゲーム『Wizard Generation』をプレイすることになる。

プレイを開始した途端、秀穂たちは自分たちが見たこともない大草原に佇んでいることに気がつく。『Wizard Generation』は、プレイヤーの五感すべてに訴えかける超リアル体感ゲームだったのだ。破格の新技術に驚愕を覚えつつもあっさり受け入れてしまう面々に、あまりにも非常識だと友梨亜は頭を抱えるが、その友梨亜もすぐに『Wizard Generation』の楽しさにのめり込んでいってしまう。秀穂たちがゲームばかりしていることに異を唱えるクラス委員・星咲桜花(ほしざきおうか)や、幼なじみのお姉さん・敷島(しきしま)なつめをも巻き込んで、秀穂たちは『Wizard Generation』を続けていく。だが、面々がゲームに興じている間にも、現実の世界は大きな転換期を迎えようとしていた――。

※Wizard Generation雪之宮杏音が持ち込んだ試作ゲーム。メーカー名は不明。オーソドックスな剣と魔法の中世ファンタジー的な世界観で、ミッション選択型のアクションRPG――というところまではそれほど珍しいゲームではないのだが、どういう仕組みなのか、プレイ中には実際にその世界で剣を振るい、魔法を放っているように体感できる新技術が使われている。基本6クラスとそれらの複合クラスに加え、多種多彩なスキルや、多様に系統分けされた呪文など、千変万化のキャラクター成長システムで、リアルな体感だけでは終わらないハマれるゲームシステムを構築している。●雪之宮 杏音(CV:平内あや)二年生女子。転入生。秀穂の一つ後ろの席になる。姉・菖蒲(あやめ)からの指示で、試作ゲーム 『Wizard Generation』 を秀穂たちにもたらすことになる。優等生然として転入してくるが、その実態は重度のゲーマー。基本的に楽しいことを最優先で面倒くさいことは後回しというダメな子だが、楽しむためならば面倒を面倒とも思わないところもある。

スクリーンネーム「Anonym」WGでのクラスは「Paladin(聖戦士)」で、プリースト呪文が使える戦士という役回り。“見た目のかっこよさ”を重視した結果、必要能力値がはるかに高い武器「太刀」を始めから装備してしまい、序盤から苦労することに。巫女装束風のアバターを選択しており、“和製パラディン”とでも言うべき装いとなっている。

「わたしのことは杏音って名前で呼んじゃってね。 雪之宮って微妙に長いし」 ●星咲 桜花(CV:星咲イリア)秀穂のクラスの委員長。二年生。秀穂の右隣の座席。勤勉で生真面目な性格であり、ゲームの話ばかりしている秀穂によく苦言を呈していた。なぜか転入生の杏音に懐かれ、言いくるめられて一度だけということでWGをプレイ。あっさりハマってしまう。はじめは警戒していた杏音とも、なんやかんや言いながらすっかり親友になってしまい、自らのチョロいぶりに苦悩する日々を送っている。

スクリーンネーム「Cerasus」WGでのクラスは「Esper(超能力者)」。魔法使い系でも聖職者系でもない第三の系統の魔法職で、秀穂曰く「アンチスペルキャスターのスペルキャスター」で「玄人向け」のクラス。ゲーム全般が初心者の桜花は、秀穂らのレクチャーを受けてなんとかこのキャラクターを育てていくことになる。

「またゲームばっかりやってないで、用がないなら早く帰りなさいね」 ●敷島 なつめ(CV:夏野こおり)秀穂と璃々子の幼なじみ。三年生。自分ではしっかり者のお姉さんだと思っており、母親が不在がちの秀穂と璃々子の保護者役を自認している。だがドジが多く、生活能力は海棠兄妹のほうが明らかに上。学業に関しては非常に優秀で、優等生として通っているが、実はネット上で噂になるレベルの伝説のゲーマー。

スクリーンネーム「YamatoHime」ネットゲームで知り合ったAnonym(杏音)に声を掛けられるが、メンバーに秀穂たちがいると知ってなかなかプレイに参加できずにいた。WGでのクラスは「Hunter(狩人)」。弓矢での攻撃をメインに、探索や罠に関するスキルなどでパーティーを細やかにサポートしていく。

「お姉ちゃんの実力、その目でしっかりと見ていなさい!」 ●紅藤 友梨亜(CV:遥そら)璃々子のクラスメイトで親友。一年生。紅藤瑠偉の娘。両親ともにフランス人だが、日本で結婚し帰化している。日本で生まれ育っているため日本語に不自由はない。親子共々本物の魔法使いであり、「Wizard Generation」が魔法による産物であると見て警戒している。璃々子に高い魔法の素質があることを見抜いており、彼女が怪しげな儀式の真似事をするたびにその暴発を危惧して神経をすり減らしている。

スクリーンネーム「JuliaDR」WGでのクラスは「Magician(魔法使い)」。リアルでならちゃんと魔法が使えるのに、ゲーム内では(レベルが上がらないと)魔法が使えないという、普通の人とは真逆の事態に苛立ちを募らせる。そして、レベルが上がって思った通りの魔法が使えるようになった頃には、すっかりゲームの面白さにハマってしまい……
「うっ、いやっ、べつにレベルがあがるとか、興味ないし……」 ●海棠 璃々子(CV:秋野花)主人公の妹。一年生。若干中二病を発症しておりゲーム中以外でも「りりこ」ではなく「リリス」と名乗ったりする。中二病が高じてオカルトにも足を踏み入れており、怪しげな儀式の真似事をしては親友の友梨亜に窘められている。ゲームに関しては、秀穂とよく一緒にプレイしており同等のレベルにある。エンターテインメント研究会の創設メンバーでもあり、学園・自宅問わず秀穂と一緒にいることが多い。

スクリーンネーム「Lilith」WGでのクラスは「Bishop(司教)」で、魔法使い系と聖職者系両方の呪文が唱えられる役回りなのだが、攻撃呪文ばかりを好み、回復魔法はついでにといったプレイ傾向が見られる。また、WGの中ではここぞとばかりにノリノリで(自分で考えた)呪文の詠唱をしまくっている。

「それでまた、そばにいてくれたんだ……。 ありがとう、お兄ちゃん」

続きを読む

サキガケ⇒ジェネレーション!の評価

サキガケ⇒ジェネレーション!はこんな人におすすめ

  • ラブラブ/あまあまに興味がある人
  • おっぱいを愛している人
  • 近親ものでヌキたい人
  • ファンタジーでヌキたい人
  • 妹でヌキたい人

サキガケ⇒ジェネレーション!の画像を紹介

本ページで使用されている画像はDLsite.comから許可を得て転載しております。

もっと見る

サキガケ⇒ジェネレーション!の感想とレビュー

  • 投稿者

    名無しさん

    男は最初からヒロイン狙いで、ヒロインを抱くために性技を鍛えぬいていた百戦錬磨で……、ヒロインは初めての性行為なのに、イかされまくりです。 エロ過ぎるお義母さんにはかないません。

  • 投稿者

    名無しさん

    即堕ち二コマ。 今回も何のかんのと理由をつけてはいます。 最初はこちらに敵意を向けていたお姉さんです。 あまりの気持ちよさにすべてを話してしまう女の子……すごくエッチです。

  • 投稿者

    名無しさん

    だらしない顔で敗北の恥ずかしい台詞を口にしながら、快楽に飲み込まれている姿に興奮しました。 金太郎の前掛けを着せられてお尻丸出しのシーンは、当時私の性癖を大きく歪めるに至りました。

  • 投稿者

    名無しさん

    エロは紹介通り、ふたなり娘達(玉あり)が触手妖怪たちに犯され抜く作品である。 是非とも前作も購入することをお勧めします。 エッチシーンは例によってありません。 最後に自らより強い破滅を選んでいるのが最高です。

  • 投稿者

    名無しさん

    ここから2人の関係かどうなってゆくのか、とても楽しみな作品です。 ラブラブになり口内射精や授乳にお風呂場でのプレイも待っています。 女の子は物静かでクールな感じです。

  • 投稿者

    名無しさん

    前回の話でもあった拘束時のフェチも欲しいと思った。 お姉ちゃん味はたっぷり感じられます。 ストーリーは王道の古典ファンタジー。

  • 投稿者

    名無しさん

    最後の兵器に戻りかけるのと強盗の下りはこれいる?と思います。 また、こちらの作品では普通の競泳水着と違って股間部分が露出できたり胸の部分が薄手になっていたりとして、着衣のままでの激しいプレイの様子が楽しめました。

  • 投稿者

    名無しさん

    体とかスッゲーエロく描けているんだけど何だろう。 福利厚生の一環として量産型磨弓ちゃんを支給してもらって慰安してもらう漫画になります。

  • 投稿者

    名無しさん

    彼女ものすっごくスケベです。 包容力抜群な三人の柔らかそうな巨乳に包まれながら、心も体も癒して貰える少年のことが羨ましくてたまらなくなっちゃう素晴らしい作品でした。

  • 投稿者

    名無しさん

    しかも、彼女ら全員が生で中をご所望です。

感想・レビューを書く


Warning: Undefined variable $aria_req in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/comments.php on line 17

該当作品を対象にしたコメントフォームです。当サイトへのご意見・問い合わせにつきましては「お問い合わせ」からお願いします。


Warning: Undefined array key "email" in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/functions.php on line 131

Warning: Undefined array key "url" in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/functions.php on line 132

Warning: Undefined array key "rate" in /home/tareport/hentaiero.net/public_html/wp-content/themes/hentai_design_2022/functions.php on line 134

サキガケ⇒ジェネレーション!の作品情報

配信日
2020年4月5日
メーカー
販売価格
3,462円
イラスト
ジャンル
アドベンチャー
もっと詳しく